あるぱいんがいど.Jp

アルパインガイド青木昭司の
Alpineguide Calendar Site に
ご訪問いただきありがとうございます。
ガイドスケジュールの公開用に作りました。
表紙がHPの見出し代わりにもなってます。
山岳ガイド予定表 は、上のメニュークリックからご覧ください。

ホームページは Alpineguide.jp です。

akadake_pink

ご挨拶

アルパインガイドとは?
『ガイド登山』というのは、ヨーロッパアルプス等では 登山の在り方として、それが当然であるかのごとく、ひとつの分野を形成しています。 そんな、『アルパインガイド』による登山を 日本の山の故郷 信州で普及させたいと願い八ヶ岳、原村の自宅事務所をベースに25年間に及び山岳ガイドを続けています。
ガイド付きの旅行業公募ツアーやガイド資格者の登山スクール 登山技術講習会と言った企画営業型の登山への参加に比べると、特定の山に登山を志した登山者が自分の企画で、『山岳ガイド』をパートナーとして、登山するという『プライベートガイド』は、とても門戸の狭い世界なのかな と、いまさらながらに思います。
より深く登山の世界に浸り、追及する中で 個人の理想の主張だけでは成立しない、ロープを使う登山や冬山のようなパートナーを必要とする登山の世界が、日本の登山史では 地域社会や同好の仲間による山岳会や学生登山を発達させてきた事情は、当然のごとくに合理的です。
僕もそういう中で登山を覚えた訳ですが、それまでの山仲間の休暇とは全然違う山小屋に就職したり 山岳ガイドという仕事で自分以外の誰かの為の登山をお手伝いする立場から見て、それが大人の登山事情に適合しない という実感、ここに僕がガイド業を続けてきた理由があるのではないか、と思います。
登山が非日常的レクリエーションの世界であれば、自然の中での活動が本当に自分が必要とするものなのに、そこにかける時間を十分に利用できないことは世の常ですし、仕事や地域での社会的立場でのプレッシャーや 家庭や周囲の理解を得ることも難しく、そんな自然の中にあるべき自分の姿から遠ざかってしまうことも多々ある と思います。 『ガイド登山』であることによって、登山の冒険的な本質は変わりませんが、超えるべき壁にある手がかり足がかりであることは確かです。
僕が十代の後半から暮らし育ったこの山で山岳ガイドをはじめてから 多くのお客様と共に登ったこの山々に染み付いた汗と思い出は ガイド活動の中で積み上げてきた僕の宝であり、これからもより多くの皆様の登山の最良のパートナーでありたいと願っています。

peak

お問合せ


 

夏の穂高岳

この夏休みのお勧めは? まずは、槍穂高縦走です。
槍ヶ岳~南岳~北穂高~涸沢岳~前穂高岳、西穂高岳。
3~4泊で可能なはずですが、なかなか一回で辿るのは難しいかも。
何回かに分けていくというのが普通かもしれませんが、
毎年行っても絶対飽きることも無い と思います。

jyanhe

西穂~奥穂~前穂
西穂~奥穂コースは、この先バリエーションルートに挑戦するための
体力や歩きの安定性の試金石になるかと思います。
飛騨沢~槍が岳~南岳~北穂~奥穂~西穂
少し静かで充実した奥飛騨の山旅を

k

お問合せ


 

ガイド登山で冬山入門

 赤岳は初心者のピッケルアイゼントレーニングにはちょっと難しすぎるかと思えるレベルですが、ガイドとマンツーマン、ロープで確保されての練習であれば、雪山の経験としては、まず最初に理解しておくべき内容、経験になるかとおもいます。
たった数人での行動でも、耐寒能力や体力、行動技術、装備の違いは在ります。
厳しい冬山の環境の中では、個人個人に対して同じ方法論で、同じ結果が出るものではありません。
torabas
プライベートガイドで、しっかりトレーニングを積んだら 次の目標は春の穂高岳へ!

冬山入門 赤岳

「今年から冬山をはじめよう。」という方から
初日午後、雪上講習、装備や気象の基礎について。
2日目で、赤岳をめざします。
nisi

西穂高岳登頂

山荘を出発するとそこはもう3千メートルの稜線
冬山にこんなロケーションは、世界でもそうそうは有りません。

hokou

冬の八ケ岳アルパインスクール

例えば、阿弥陀北稜、赤岳主稜、石尊稜、中山尾根、小同心、アイスクライミング。数多くのバリエーションルートを持つ八ヶ岳。 ひとシーズンに3本以上のルートを登ろうという方を対象に、会員制スクールを運営しています。 ガイドがアルパインガイド青木昭司なだけで、普通に顧客様ですが、マンツーマンじゃなくても一緒に登れそうな会員同士で2名までの混成パーティーをつくっていただくことも可能? かと思います。

お問合せ


 

ガイド・春の穂高岳

三千メートル峰が最も美しく輝くこの季節
連休も良いですが、新雪は厄介です。ホントのお勧めは連休明けから梅雨入りまで。
アルパインの世界では、日本の春山シーズンは、案外長いです。

070626_5


一般ルートが歩けたら、最初のバリエーションのお勧めは、北穂東稜です。

北穂東稜 前穂北尾根

0507082

お問合せ


JMGA ロゴマーク青兵衛

 

公益社団法人 日本山岳ガイド協会 認定

cocoよろしくお願いします。

八ケ岳アルパインスクール
アルパインガイド青木事務所
http://alpineguide.jp
〒391-0100 長野県諏訪郡原村18674-9
TEL/FAX 0266-79-2979

広告